DAY 2022,8,31
前回の更新から
1ヶ月も経ってしまいました…m(_ _)m

少し涼しくなって来たので
猫達の寝床も暖かい仕様に。

おにぎり兄妹は8月10日に2度目の
ワクチンを終えました。

タケノコさんですが
ウイルス検査をし
陰性だったので
ワクチン1回目の注射をし
募集開始しました。

ねぎまくんは
インターフェロン治療(3回)
&お薬を飲んでいましたが
飲み薬が終わると症状が…
なのでまた通院
コンベニアの注射をしました。

これで少し落ち着くかな?

と思った夜、つくねくんの💩から
回虫が…
次の日また病院へ
​全頭アドボケートを。

そして同日、タケノコさんの
首元に小さなしこりを発見!
またまた病院へ。

食欲元気(平熱)
共に問題なく
過去の怪我の影響だろうと
​様子見になり一安心。

結局バタバタする日々

そんな時に
嬉しいニュースが!

「天むす」さんに
新しいお家が決まりました♡


先住さんがいるので
ドキドキでした、
最初こそ威嚇していましたが
1週間も経たず一緒に遊んでいるそうです。

昔から沢山の猫に囲まれていた
とても優しい里親さん。
​猫好きの
優しい家族の一員になりました。
見つけてもらえて良かったね
天むすさん♡


そして現在

​ねぎまくんの体調も
安定し問題ないので
治療は終了で一安心

ですが
タケノコさんの尿の色が
気になり病院へ
コンベニアの注射をしましたが
改善されず尿検査

どこかで出血してはいるが
出血点を見つける難しさを
しっかり説明してもらい
今はステロイドを投薬し
来週、
エコー・レントゲン・血液検査をします。
投薬で改善してくれると良いけど…
タケノコさんはいたって
元気いっぱいですが
異常が見られた為
何もしないで募集は出来ません。

あんなにヘロヘロだったもんね
目に見える傷や
栄養失調以外もあってもおかしくないよね。
でも本当にガッツがある子なので
きっと良くなってくれると
信じています。
頑張ろうね!
タケノコさん!
そして愛情たっぷり
一緒に遊んでくれる
新しい家族を探そうね♡

そして、もう一つ嬉しいニュースが

過去インスタにもあげていた
TNR現場
「毛玉ちゃんとだるまくんをレスキューし
やきとりーずを保護した」
場所に

目も鼻もグジュグジュで体重が軽すぎて
手術出来ない子がいました。
当時、どの子も治療はしない
と言っていた所有者さん

数ヶ月前、症状が悪化した為
薬を届けに

1年前からTNRの為に通い
手術後もフードを届け
猫の事以外も
通うたび色んな話をしていました。
そして今回
お薬を届けに何度か通った時
「自分で病院に行っても薬がもらえるのか?」
と自ら質問してくれました。

動物病院の話や
今してる「投薬」は治療ではなく
あくまで外から見てわかる症状を
改善してあげているだけ
治療をするならやはり
受診しなければいけない事など話し

現在、
自分で病院に薬をもらいに
行ってくれています。
あんなにガリガリで
グジュグジュだった顔が
少しふっくらして
元気になって走る猫を見て
嬉しそうなおじさん
「動物病院って高いな!」って笑う顔が
とても嬉しかったです。
(ご協力いただいた
T様ご夫婦ありがとうございます♡)


外に居る猫は、
家の中で愛情を受けて
育っていく子
に比べたら
みんな過酷です。

ですが「可哀想だから」と成猫を
無差別に保護する事にも
リスクがある事を
知ってもらいたいです

猫には致死率の高い伝染病があります

TNRや猫の活動に携わる方は
知っているはずなので
「何か」起きない為に対策をし
キャパ以上抱えないで
保護活動されている方が大半ですが、

健康で長生きするはずだった子の命が
人の「可哀想だから保護する行為」
によって奪われてしまう
現実があります。

理想は「過酷な環境」にいる子達
が1匹でも多く幸せになる事
ですが、
状況によっては出来る事を
無理なく続けてもらう事
​「不妊去勢は必ずする」

「餌は器であげ、出しっぱなしにしない」
​など最低限の事を
しっかりしていくことが大切です。

そして何より
「知識を得ること」
「今までの当たり前を
アップデートしていくこと」
が改善への近道かと思います。

猫が苦手で困っている方にも
猫が好きで
なんとかしてあげたいと
思ってくれる方にも
理由は違えど、今出来る改善策は

「増やさない」

その為のTNR活動です

かと言って
「全てボランティアのやる事」
でもありません。

各自治体などに問い合わせると
返ってくる答え
「外猫に餌をあげる方が、
責任を持って管理してください」
​その為にTNRの費用は
自治体で助成金出しています。


餌をあげている方がTNR
出来ない場合や餌やりさんを見つける調査も
「ボランティアさんお願いします」

で丸投げもよく考えれば一般的には
「自発的な意志に基づき
他人や
社会に貢献する行為」
※厚生労働省社会・援護局 地域福祉課参照
の​ボランティアに対して提案するの
無茶振り過ぎませんか?


その「自治体の決まり」
「外猫へのルールなど」
知っている地域住民の方が
どれだけいるのでしょうか?
これがまず問題かと

​情報を周知してもらう事は
ボランティア個人では難しいです。

困ってる住民の方への改善策は
​自治体主体で
考えるべき事ではないでしょうか?

ここの土台が変わらなければ
どんなに頑張って個人で動いても
出来ることは微々たるものです

でも動かないと変わらない。

今後もTNR活動はしていきますが
違った形で猫と地域の問題を伝えに
明日ある場所でお話しさせていただきます。

​誰かの耳に届き、
少しでもこの問題が
改善されますように♡
DAY 2020,8,8
7月30日更新から1週間本当に色んな事がありました。

前回新しいご家族が決まったとお伝えした
「ツナマヨくんとしゃけくん」ですが
里親さん募集中です!

​素敵な里親さんと
ご縁がありますように♡

​同じく募集中のやきとりーずですが
ねぎまくんがくしゃみ鼻水が治らず
インターフェロン治療開始しました。

更新も動画や写真を撮る事も出来ず
通院も重なり本当に
ハードな1週間でした。
​少し落ち着いたら
みんなの元気な姿UPします♡

現在里親募集している子達は
ご覧いただいている通り
お外で生まれ、
怪我や瀕死の状態で保護している子達も多く
治療やお世話に愛情と時間をかけ
大切に大切に次の家族の元で
幸せになることを
目標に頑張ってきました。

その為、
「万が一」が起きないよう
事前に
ご理解・ご確認いただいております。

命ある大切な子達を守る為、
知らない方に託す際
ご本人から得る情報や、
誓約いただく事
ここを守っていただく事でしか
その方を知る術がありません。

ここでするご誓約が
大きな意味を持つことを
ご理解いただけると幸いです。

ご応募いただく方へ
ご確認事項や

里親様にご誓約いただく内容に
​追加・変更がございます。

詳しい内容の追加・変更は
「里親様条件ページ」
にてご確認ください。
ご理解とご協力お願いいたします。